その他

冬期間にクリーニングに関するいくつかのポイント

寒い季節では、特に以下の点に留意すると、衣類や寝具を適切にケアできます。

1. **冬服のクリーニング**: – **ダウンジャケットやコート**: ダウンや羽毛の入ったアウターウェアは、専門のクリーニング店でクリーニングするのが良いでしょう。特に乾燥機を使用して、ダウンをふんわりと保つことができます。 – **ウールやカシミアのセーター**: 冬のセーターはデリケートな素材が多いため、ドライクリーニングが適しています。また、保管前には防虫剤を使用すると、虫害を防げます。

2. **冬寝具のクリーニング**: – **羽毛布団**: 寒い季節に使う羽毛布団は、季節の変わり目や冬の前にクリーニングすると清潔で暖かく使えます。ただし、専門の羽毛布団クリーニングサービスを利用するとより効果的です。 – **厚手の毛布や掛け布団**: 寒冷地域では、厚手の毛布や掛け布団が必要です。これらは季節終了時にクリーニングして保管し、再び使用する前に清潔にしましょう。

3. **靴やブーツのケア**: – **冬用のブーツや靴**: 冬は雪や氷で靴やブーツが汚れやすくなります。雨や雪の後には、汚れを早めに拭き取り、必要に応じて防水スプレーを使用して防水性を保ちましょう。 – **靴下**: 靴下も冬季には重要です。厚手のウールや保温性のある素材の靴下を使用し、清潔を保つためにこまめに洗濯してください。

4. **注意事項**: – **防寒対策**: クリーニング前に、冬の衣類や寝具には防寒対策を施してからクリーニングに出すと良いです。これにより、防水性や保温性を保ちながらクリーニングできます。 – **保管**: シーズンオフになる衣類や寝具は、クリーニングした後にしっかりと保管袋に入れ、湿気や虫から守りましょう。

これらのポイントに留意することで、冬季のクリーニングが効果的かつ衣類や寝具の耐久性を維持できます。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

代表紹介

shile 石橋健治

株式会社エポッククリーン
代表取締役 石橋健治


◎仕上げのハンドマジシャン
◎衣類ケアコンサルタント
◎クリーニングEPO(エポ)笑顔のオーナー

プロフィールはこちら



LINE公式アカウント フェイスブック インスタグラム

最近の記事

  1. しみ抜き 他店にてしみ抜きができないもの

  2. 2月10日は「ニットの日」

  3. エコフレンドリー、意識しています